LIFESTYLE

ウェルビーイングとは何か?

ウェルビーイングとポジティブ心理学
さちこ
さちこ
ウェルビーイングってよく聞くようになったけど、健康分野の事なのかな?もう少し詳しく知りたいな。

そんな方に、ウェルビーイングとは何か?について、ざっくりわかりやすくお伝えします。

ウェルビーイングと幸せの関係

ウェルビーイングは医療や看護、健康分野で頻出する単語でありながら、その特殊な由来もあり、一言で日本語に翻訳するのは難しいため、公式文書などでもしばしば単に「幸福」「福利」「安寧」などと訳されてしまい、本来の意味がなかなか正しく伝わらない。(ウィキペディア)

ウィキペディアにもあるように、特殊な由来からある特定の分野で使われるようになり、そもそもの意味が伝わっていないようですね。

ウェルビーイング自体の学術的な定義はないのですが、ウェルビーイングの概念には、生活への満足度、充実感、ポジティブな機能が含まれると言われています。

そして今やウェルビーイング活動は、心理的や身体的な範囲にとどまらず、経済的や社会的な場面でも広く実践されています。

つまり、みんな何らかの形で「よりよい状態」を作り出そうと試みています。その状態とは「幸せ」と結びつくものです。

  • 幸せと聞いてどんな人を想像しますか?
  • どんなことを心掛けるともっと幸せになると思いますか?

これを紙に書き出してみると、そのすべてが心理的、身体的、社会的なものと関連してることがわかります。

当サイトウェルビハブでも3カテゴリーに分けて、ご紹介していくのはこの点からです。

1_Wellbehub
Wellbeing Hub(ウェルビハブ)へようこそ!はじめまして! 数あるサイトから、Wellbeing Hub (ウェルビハブ)を見つけてくださって、ありがとうございます&...

つまり、幸せとはふわっとしたものではなく、自分で意識して取り組むことで幸福度を上げることができる、能動的なものなんです。

ウェルビーイングを実践することで、その幸せはより持続可能なものになると言われています。

  • 幸せ=突然訪れる(Happen)短期的な幸せ
  • ウェルビーイング=長期的な持続可能な幸せ

WHOの健康の定義

WHOでは、このように定義されています。

健康とは、病気でないとか弱っていないということではなく、肉体的・精神的・社会的に満たされていること。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.(原文)

これら3つの観点から、よりよい状態になる方法を理解し実践することで、心も体も健康になると思います。

ウェルビーイングとポジティブ心理学

実際の研究結果によると、病気じゃないのに幸せを感じてない人が多いことが分かりました。

ポジティブ心理学の目指すところ

これまでの心理学では、病気の人のみに焦点を当てて、治癒することを目的としていましたが、これからはもっと普通の人達の幸福度を上げよう!と動き出したのがポジティブ心理学です。

ポジティブ心理学とは病気でない人たちの心の病を予防し、幸せな状態になることを目指す新しい心理学の分野で、ウェルビーイングの向上を目指す、新しい潮流の心理学です。

ポジティブ心理学の概要や大まかな取り組みについて、とても分かり易く解説されている本です。
「どうすればもっと幸せになれるか?」と考えたことのある人は、参考になります☺

さちこ
さちこ
こうやって幸せとウェルビーイングの違いを聞くと、大まかに理解できました!「もっと自分らしい幸せを見つけたい」と思えてワクワクします!

まとめ

幸せとウェルビーイング(ポジティブ心理学)ついて、大まかな概要を書きました。

幸せって自ら作り出せるの?と思った人もいるかもしれません。

でも自分に合ったウェルビーイング概念を実践するだけで、これまで感じなかった幸せを手に入れられます!(私も実証済☺)

今が不幸せなわけじゃないけど、変わりたい!という気持ちがあるなら、学びのチャンスだと思います。

自分らしい幸せを見つけると人生がより楽しくなるので、一緒に学んでいきましょう♡