MIND

3gt│スリーグッドシングスで得られる3つのメリット

スリーグッドシングスのメリット3つ

マーティン・セリグマン博士は、「3つの良いこと」を書き出すエクササイズは幸福度をあげると考えていて、その効果は研究結果でも実証済みです。

うつ状態の人に毎晩寝る前に「3つの良いこと」を書き出してもらうことを、1週間続けてもらったところ、その後半年間にわたって、幸福度が向上しました。

うつ症状の方に実施した実験ですが、うつではない普通の人に対しても同じ効果があることが分かりました!

3つの良いことを書くメリットは、主に3つです。

  1. 1日を良い方に見直すことができる
  2. 自分をメタ認知できる
  3. 幸福度が高まる

1つずつご紹介していきますね!

ポジティブ心理学感謝のワーク
感謝をするようになると、幸福度があがる!自分らしい幸せの作り方をお伝えするウェルビハブです!感謝を意識的にして、幸福度をあげよう!1ヶ月以上実践して、これまで気づかなかったことに気づき、人生の充足感が増しました!そして、くよくよ悩むことが劇的に減りました。その具体的な方法をご紹介しています。...

1日を良い方に見直すことができる

私達は1日を振り返るとき、無意識に嫌なことや失敗したことに焦点をあててしまいがちです。

これらのネガティブなことに目がいってしまうと、「この日は嫌な日だった」と認知してしまいます。

さちこ
さちこ
失敗したことや後悔したことを思い出して、頭の中でグルグルしてしまいがちです…。

この理由として、私たちの進化の過程に理由があると、マーティン・セリグマン博士は述べています。(著書:ポジティブ心理学の挑戦 “幸福”から“持続的幸福”へ

私達の先祖が、天変地異に備えて生き抜いていくためには、危機回避としてネガティブなことに目を向けなければいけなかったのです。

備わっている脳の傾向を変えるために、「3つの良いこと」を書き出すと、そういえば良いことや嬉しいこともあった!と気付くことができ、一日良い方に見直すことができます。

自分をメタ認知できる

3gt(スリーグッドシングス)を1ヶ月毎日続けて感じたことが2つあります。

それは、自分が大事にしてる価値どんなことに幸せを感じるのかわかったことです。

自分を客観視することで、幸せを感じる行動を増やそうとして、行動おこすキッカケを意識するようになりますよ。

さちこ
さちこ
そうは言っても、3つも良かったことなんて無いかも…

私も3gtを始めた時は、そう思っていました。

でも、考え方を少し変えると私の目の前には良いことが沢山あることがわかりました!

3gtを書くヒント
  • 大きな出来事を書かなくていい!(例:散歩が気持ちよかった)
  • 些細な喜びを書き出してみよう(例:朝のコーヒーが美味しかった)
  • くすっと笑えたことを思い出そう(例:子供の言い間違いが可愛くて笑えた)

幸福度が高まる

3つの良いことを書くのは、一日の終わりほんの5分でも良いんです。

今日の一日を振り返り、自分と向き合う時間。

今ある幸せを日々実感することで、より前向きになり、自尊心も上がったと私は感じました。

これは、自分の得意や思考癖がわかり、幸せを実感するためにはどんな行動をすればよいか?を考えられるようになったからだと思います。

どうしようもないことにクヨクヨ悩む時間が格段に減ったよ!

まとめ

いかがでしたか?

3gt(スリーグッドシングス)を書くことは、今日この瞬間から始められます!

ノートに書くも良し、手帳に書くも良し。
(私は手帳のウィークリーに書いています!)

日記のように長くなくていいんです。

今日から一緒に小さな幸せ探し、始めませんか♡?

ブログ内で参考にした本たちです。